広告

2014年9月14日日曜日

分配金の基準価額への影響

ゴーヤーちゃんぷる( )さんのご両親の大事な退職金・老後資金が、分配金投信に吸い込まれそうということで、
ブログ:沖縄の空からゴーヤーの独り言
親を説得することができるか(追記あり)
http://blog.livedoor.jp/minaminoshimadek2k2/archives/12818463.html
というSOSが出たので、及ばずながら(勝手ながら)助太刀を試みます。

分配金を出す場合とそうでない場合で、どんな差が生まれるか、試算してみました。
2011年10月31日を10000円として、2014年9月12日までの基準価額推移をグラフ化。
  • eMAXISバランス8資産均等 青線
  • マネックス資産設計ファンド<隔月決算型> 赤線
① eMAXISバランス8資産均等

8資産均等は、これまで分配金は出していません。

② マネックス資産設計ファンド<隔月決算型>
マネックス育成型は、新興国株式・新興国債券が入ってない6資産なんですけどね。
隔月でチビチビと分配金が出ます。
今日に至るまでの累積分配金は1185円。


しかし、708営業日を経て、この2ファンドの間で、基準価額で3711円の差がつきました。
推移で見ると、この差は今後も開く一方でしょう。

<結論>
8資産と6資産の対比資産であったが、分配金を出すと複利の差が基準価額に歴然と出てしまうようです。
その差は、分配金合計の1185円が運用から外れた分、基準価額で3711円(37.1%)もの差となって出ました。
1185円もらっても、3711円安くなってしまう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。