広告

2014年8月14日木曜日

好きになれないETFというもの

※写真と本文は関係ありません。野村證券NISAチームの池田香奈江さんです。タイプなんです。
(ワタシのNISA口座はカブドットコム証券。池田さんスミマセン。)

2014年9月24日追記

ワタシは、米国ETFを6本。国内のETFを1本持っています。
  • VT(世界全体の株式の米国ETF⇒SBI証券で買付け)
  • SPY(米国の日経225みたいなやつの株式の米国ETF⇒SBI証券で買付け)
  • VTI(米国全体の株式の米国ETF⇒SBI証券で買付け)
  • VGK(ヨーロッパを網羅する株式の米国ETF⇒SBI証券で買付け)
  • VWO(新興国を網羅する株式の米国ETF⇒SBI証券で買付け)
  • DBA(農産物指数に連動するの米国ETF⇒楽天証券で買付け)
  • TOPIX連動型上場投資信託(1306)(SBI証券で買付け)
投資信託よりも断然安い信託報酬で知られるETF。

しかし、どうも好きになれないし、おすすめもしない。
  1. ワタシが買った時は、1ドル78円とか超超円高だったので、ドルを買うことに躊躇はありませんでした。そんなんで、もうドルを買う気になれない。投資信託であれば、円のまま、国際分散投資することができます。当然為替の影響はありますが、自分で売買するのは円なので、ワタシには精神衛生上、この方がいいです。
  2. ETFを買う用にドルを買って持ってても、証券取引にしか使うか円に換金するかしかできないんですよ。ドルで引き出したり、他の口座に移せないので、他の証券会社でドル建ての何かを買ったり、引き出して海外旅行の小遣いに使ったりってできないんです。これはETF云々でなく、ドル建て取引の仕組み自体の問題ですが。注)SBI証券は住信SBIネット銀行へ出金でき、楽天銀行はシティバンクか三井住友銀行へ出金できるようです。ワタシは給料口座の三菱東京UFJ銀行で何でも済ませたいため、NGです。
  3. 取引手数料がかかります。つまり、ETFの買付にも売却にも。SBI証券の場合、1注文あたり税込み27ドル。定額手数料なので、1注文を40〜50万円以上で取引して手数料の率を下げることが必要。まとまった金額が必要ということでは、少額で積立してドルコスト平均法の恩恵を受けることができません。投資信託であれば、ノーロードの販売手数料なしを選べば買い付けた金額が全額買付けできますし、売却手数料もかかりません。(信託財産留保額という差し引かれるお金は若干あります。)注)カブドットコム証券で数銘柄設定されている「フリーETF」は、売買手数料はかかりません。これを利用すれば手数料を気にせず少額買付けできますね。
  4. 配当金が出ますが、当然ドル。少額なので、そのままの金額ではETFに再投資できません。どドルのまま貯めておくか、円に換金して投信を買うか。再投資できないのは困りものです。ワタシは、ドルのまま貯まるにまかせていますが、到底買い付けする気になる金額に到達するには長い時間がかかりますので良い手ではありません。投信であれば、万が一分配金が出てもそのまま再投資されるものを選べば効率的です。
  5. 配当金が出ますが、日米でそれぞれ課税されて、二重課税になっています。確定申告で返してもらう必要があります。20%も取られてるので、放置するには勿体無いです。確定申告、ワタシは面倒くさいです。投信であれば、インカムゲインやキャピタルゲインへの納税は国内だけの課税で天引きなので煩わしくありません。
ETFは、信託報酬が安いのは魅力で、その点だけはメリットです。というか上記の点と天秤にかけてメリットありということであれば、利用しない手はありません。

ワタシとしては、一応、国内ETFも含めてETFは、7本持っていますが、このように、使い勝手が悪いというか、好きになれない点が多いため、今以上に、買い足すことはありません。

リタイヤ後にお金が必要になった時に売却して円に換金して使うだけです。ずっと放置と決めています。。

〜〜過去の関連記事〜〜

確定申告、終えました(米国ETF・個人型確定拠出年金関連)

http://mr2-tigers.blogspot.jp/2014/02/etf.html

〜〜他ブロガーの参考記事〜〜 2015年3月1日
森村ヒロさん
米国ETFをメインにするには
http://valavg.com/keys-to-use-us-etf-as-a-main-investment-vehicle/

<関連ブログ記事>



2 件のコメント:

  1. カブドットコムのフリーETFを使えば手数料は無料になるから、3番はクリアできますね。でも、二重課税の問題は頭が痛く、僕も当面ETFはストップしています。

    返信削除
    返信
    1. 夢見る父さん、来訪ありがとうございます。
      そうですね。フリーETFだと売買手数料は無料ですね。本文に追記させていただきます。
      二重課税は、ホント頭痛いっす。確定申告面倒で。水瀬さんとかは苦にならないそうですが、なかなか他の申告もあったりして。。伝票揃えるのさえ大変。
      意外とETF好きでない人が多くて心強いです。2016年の為替差益課税になると余計面倒なので、その前に全部売却しちゃおうかなとも思う反面、SPYとかVTIとか老舗ETFは長期にわたって右肩上がりトレンドなので、頼りになりそうな気もするし。悩ましいです。
      コメントありがとうございました。
      本文、追記しますね〜。
      またぜひ、来訪してください。
      弊ブログを今後ともよろしくお願い申し上げます。

      削除

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。