広告

2014年8月15日金曜日

買ってはいけない投資信託の看破のしかた

ワタシなりの「買ってはいけない投資信託の看破のしかた」です。

まずは、吊られた男さん()のブログ「吊られた男の投資ブログ 」のエントリから。

<以下引用>〜〜〜〜

ツインα?シラー・ケープ?新規で売れる投資信託が難しすぎねぇーか!? -
 ”

日経新聞の以下の記事(オリジナルは日経マネー)で「過去6カ月間に新規設定された国内全公募投資信託の当初設定額ランキング」なるものが紹介されていました。
<引用ここまで>〜〜〜〜

おかしな売り方してる投資信託がズラリと並んでいます。

売れ筋なんて、笑止千万。売る方も売る方なら、買う方も買う方です。

信用できる投信情報サイトである「投信まとなびhttp://www.matonavi.jp/を使って、この上位5つを例に、月次資金流出入額を見て、絶対買うなという投信の特徴を暴いてみます。

第一位 ダイワ・スイス高配当株ツインアルファ(毎月分配型)・大和証券
おぃ!いい加減にせえよ。最初の月にダッシュかましたまま、売りっぱなしかい?!
もう償還待ちか?まだ設定されたばかりだぜ??

第ニ位 日興UBS日本株式リスク・コントロール・ファンド・SMBC日興証券
おぃ!お前もだ!いい加減にせえよ。売上、下がるの早すぎ。
もう売る気ないの?営業やる気ある?ないでしょ?
(再掲)もう償還待ちか?まだ設定されたばかりだぜ??

第四位 新光シラー・ケープ米欧株式戦略ファンド(リスク・コントロール付)為替ヘッジなし・みずほ証券

お前もかよ。。ホント、いい加減にせえよ。設定からまだ4ヶ月で、風前の灯火。
(再掲)もう売る気ないの?営業やる気ある?ないでしょ?
(再掲)もう償還待ちか?まだ設定されたばかりだぜ??

第五位 明治安田米国リート・インカム・プレミアム・ファンド(毎月決算型)・三菱UFJモルガン・スタンレー証券
(再掲)お前もかよ。。ホント、いい加減にせえよ。設定からまだ3ヶ月で、風前の灯火。
(再掲)もう売る気ないの?営業やる気ある?ないでしょ?
(再掲)もう償還待ちか?まだ設定されたばかりだぜ??

第三位 ダイワ・ニッポン応援ファンドVol.5 -ライジング・ジャパン-・大和証券
やっぱり。もう驚かない。やる気ないだろ?
お前はな。三位だけど最後に回した意味わかってるな?
そう。
Vol.5って何だ?
総資産額に注目!
このシリーズで回転売買してるじゃねぇか?!
近いうちにVol.6が出て、そっちに乗り換えさせるんだな。間違いない。

これらのファンドは、新聞記事では売上上位なんて取り上げられていますが、もう売る気はない。

<総括>買ってはいけない投資信託の特徴
設定月に限られたカモ得意客に売りまくってしまったら、翌月以降もう新規開拓なんぞせずに、近いうちに償還(終了)させて、また新たな投信を設定して、また設定月に同じカモ得意客に売りまくって、もう翌月以降新規開拓なんぞせずに、近いうちに償還(終了)させて、また新たな投信を設定して、また設定月に同じカモ得意客に売りまくって、。。

ってゆうことです。

=====
あの〜。。ちゃんとした信用できる投信。安心して長く付き合える投信の資金流出入の例。

ケース1 セゾン投信 セゾンバンガードグローバルバランスファンド・セゾン投信
去年の年末に、年明けの増税を控えて一旦売りが出ていますが、他の月は極めて安定的に資金が入ってきています。
これぞコツコツ投資。地道に毎月、コツコツと定額で積立をしている逃げないお客を掴んでいます。
これなら、安定して運用できますね。

ケース2 eMAXIS 先進国株式インデックス・いろんな証券会社で買えます
シリーズ全体で1000億円を超えたeMAXISシリーズのひとつです。
今年に入ってから、大口と思われる買いが入ってますが、これも、去年の年末に、年明けの増税を控えて一旦売りが出ていますが、毎月概ね安定して資金が入ってます。

どうでしょう?

同じ得意客でも、食い物にされているカンジの投信と、コツコツ地道に付き合う投資家と安定した資金流入を受けて安定して運用できてる運用サイドとの良好な関係が築けている投信と、一目瞭然だと思います。

投信を選ぶ際には、この「投信まとなび」サイトで気になる投資信託を検索して、これらの資金流出入をチェックしてみると、怪しい投信を看破することができます。

<関連記事>
買うな!NGワード集
http://goo.gl/kCU2gv

0 件のコメント:

コメントを投稿

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。