広告

2014年3月17日月曜日

読後感想ー豊島逸夫が語り尽くす金・為替・経済

金の第一人者、豊島逸夫さんのムック本が発売になりました。

楽天ポイントが余ってたので、早速注文して読んでみました。
Amazonへのリンク

書評というほどのもんは書けませんが、読後感を少々書いてみます。

世界のマクロ経済の話。先進国、新興国の各国の視点でわかりやすく解説が展開されています。

シェールガスのインパクト、中東情勢など、日常の生活ではあまり触れることのできない分野の話も展開されています。

そして、やはり専門の貴金属、金投資の話。

投資というより貯める意味合いが強い、というコメントが印象的でした。

やはり、金が役に立つような局面、市況はロクなものではなく、金が役に立たないというのが正常健全だという宿命なのが金だと。

0 件のコメント:

コメントを投稿

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。