広告

2014年1月7日火曜日

NISA-株式は指値・投信は一般型


引き続き、NISAの話です。

カブドットコム証券ですが、株式は指値注文のみ・投信は一般型のみ、となっています。

同社に問い合わせましたが、これは、100万円という金額上限を順守するために、投資金額の総計が超えないようにそうなってる模様です。

株式の指値注文は想像に難くありませんが、投信は、累投型にすると分配金再投資のタイミングと金額によっては、100万を超える可能性があります。

よって一般型のみ。

しかし、一般型のデメリットとして、最低買付け金額が一万口が目安になっており、普段、累投型で500円積立できていたものが、19000円〜20000円(買う投信の概ねの基準価額によって変わりますが)あたりが最低金額になるので、タイミングや商品を分散したいところですが制約を大きく受けます。

でもね。

100万円を超える取引になりそうな時は、NGとしてその注文だけ弾けばいいわけで、投資信託については、累投型でワンコイン積立可能にしてもらえるよう、強く要望しておきました。

他の証券会社とかどうなってるんでしょうかね?

0 件のコメント:

コメントを投稿

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。