広告

2013年12月5日木曜日

「ネット証券専用ファンド アジア新興国株式インデックス」が名称変更するとのこと。


ケンズさん(@kenz08)のブログ「インデックス投資日記@川崎」で、先日、SMT アジア新興国株式インデックス・オープンに27日より名称変更というエントリがUPされました。

ワタシが毎日積立(毎月でなく毎日です)を行っている「ネット証券専用ファンド アジア新興国株式インデックス」が名称変更するとのこと。

その変更点の通り、ネット証券専用ではなくなるということですかね〜。

だとしても、窓販で販売チャネルが増えるということは歓迎すべきことで、少しでも販売促進に繋がると、ファンドの運用の効率UPも期待できるというもの。

ファンドの資産総額は7億6千万円(10月末時点の月次レポートより)ですが、マザーファンドは23億円(交付目論見書5月末時点)と、なかなか侮れない大きさです。

名称変更の真相は、ナゾです。

ですが、ネット証券の資産倍増プロジェクトに残るのか、外れるのか。

外れるとなると、毎月の動画による月次運用報告が見れなくなるのか?という危惧があります。

インデックスファンドですから、運用報告とは言ってもマクロ経済の話なんですが、ワタシは結構気に入ってるもんで、続けて欲しいものです。

という要望を出しておきました。

いずれにせよ、順調に含み益が出ていることもありますし、中国・韓国・台湾・インド・マレーシア・インドネシア・タイ・フィリピンといったあたりから、韓国や台湾が卒業し、ミャンマーや新疆ウイグル自治区あたりのフロンティア国に入れ替わってくるような長期目線での腰を据えた投資を考えているので、今回の名称変更が、いい方向に向かってくれるのを祈るばかりです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。