広告

2013年12月10日火曜日

バイブル;(ウォール街のランダム・ウォーカー+敗者のゲーム)÷2の本


「あなたの投資のバイブルは何ですか?」という問答が、コツコツ札幌でありました。

「ウォール街のランダム・ウォーカー」だったり、「敗者のゲーム」だったり。

ワタシも、両方とも好きですが、ちょっと難しかったりします。

全て理解できなくても、十分、啓発される良書ですが。。。

でも、個人的には、もっとガツンと心に響いた、というか染みるように理解できた本があります。

「ウォール街のランダム・ウォーカー」のマルキール氏と、「敗者のゲーム」のエリス氏の共著なんですが、「投資の大原則」という本です。
厚くありませんし、(ウォール街のランダム・ウォーカー+敗者のゲーム)÷2の本です。

とにかく読みやすい。2つの本のいいとこ取りをした感じの本です。

あまりスポットライトが当たりませんが、ワタシは、結構、この本が一番好きだったりします。

4 件のコメント:

  1. ウォール街のランダム・ウォーカーや敗者のゲームは投資ブログでよく紹介されているので有名ですね。いつかは読まなければいけないのかぁ〜と思いつつも、値段は高いし、難しそうなので、なかなか手がでない状態でした。

    まさか、そんな二人の共著があったとは!
    いっさんのお勧めということですし、早速注文してみました。

    返信削除
    返信
    1. アルパカ2号さん。コメントありがとうございます。
      そうですね。
      なぜか、あまり紹介されることがない穴場的な存在なんですが、二冊のいいとこ取りをしてあって、ボリュームもそんなにないですし、また難しくないときてる。
      エッセンスはこれで充分ですし、ワタシも二冊読んでも、この一冊分しか理解できないのでなおさら充分です(笑)
      あっという間に読めますので繰り返し読んでバイブルにしてくださいね。
      またコメントくださいね。
      今後とも弊ブログをよろしくお願いします。

      削除
  2. いっさん初めまして。
    投資についてつい最近勉強し始めたばかりの超初心者のぽっさむです。
    お金と真剣に仲良くしていこうと思い勉強し始めました。
    投資だけではなく、保険の話も含め、私の知りたいことや知らないことが満載のいっさんのブログはとても面白くて参考になります。

    ちょうど本も読んでみたいと思っていましたが、如何せん世の中には沢山の本が溢れていて何を読めばよいのかと探しておりました。こちらの本は是非読んでみたいと思います。
    今後とも色々と参考にさせて頂きますね!

    返信削除
    返信
    1. ぼっさむさん、コメントありがとうございます。
      将来に備えて、時間の猶予があるうちに資産形成をしていこうという問題意識を持つ同士として歓迎します。

      投資の本は、読むに値しない本ばかりで、困ったものです。

      この記事で紹介したのは、投資の考え方や理屈面の必要最小限の部分を学ぶのに最適です。ただ外国人が書いた本なので、日本人の書いた日本の場合具体的にどうすればいいの?ということは、竹川美奈子さんとカン・チュンドさんの本に限ります。

      ・投資信託にだまされるな
      ・忙しいビジネスマンでも続けられる毎月5万円で7000万円つくる積立投資術

      の2点に限ります。

      保険は、後田亨さんが現実ベースの話を聞かせてくれます。

      ・生命保険は「入るほど損」?!

      が推薦図書です。

      またコメントください。
      今後とも弊ブログをよろしくご愛顧ください。

      削除

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。