広告

2013年11月14日木曜日

軽減税率のうちに利益確定売りはしません

証券税制の売却益への課税の軽減税率(所得税7%、住民税3%)が年内で終わりますね。

年内のうちに売却して利益確定するかどうか迷ってる人や、緻密なシミュレーションして利益確定の損益分岐点とか算定して見せてくださる方もおられたり。

難しいことはわかりませんが、ワタシは、売却しない。

結局、長期投資を続けるので、年内に売却しても、そのまますぐ何かを買うんですよね。

そして、それは、リタイヤ後の生活費で、売却する日が必ず来ると。

ということで、年内と将来、わざわざ二回も税金払うかよ。みたいな。

追伸
「年内の軽減税率のうちに利益確定売りして、年明けのNISA口座で何かを買って、NISA期間の免税期間のうちに利益確定売りする」ので解決するのではないかという指摘をいただきました。

けど、NISA期間の免税期間のうちに売却できる価格になってればいいんですが、そうなるとは限りません。

NISA期間に売ったとして、長期投資なのですから、また何か買いますね。やっぱり、将来、いつか売却して課税となるのかなと。

0 件のコメント:

コメントを投稿

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。