広告

2013年11月23日土曜日

「第32回『退職金や金融資産をしっかり運用するためのセミナー 』 -こうすればしっかりお金を増やすことができる!-」に行ってきました。

「第32回『退職金や金融資産をしっかり運用するためのセミナー 』 -こうすればしっかりお金を増やすことができる!-」に行ってきました。

Facebookの「クラブ・インベストライフ(Club Investlife)」の中でお友達つながりになっていただいた尾藤峰男さんが毎月開催なさっているセミナーです。

※クラブ・インベストライフは、投資アドバイザーで有名な岡本和久さんが主催されているFacebookのグループで、Facebookをなさっている方なら、どなたでも参加できるグループです。
ワタシたちのようなごく普通の個人投資家から専門家の方まで1500人くらいの方々がいて、随時、貴重な情報や意見交換が飛び交っています。

さて。今回、ワタシが参加してきた尾藤さんのセミナーに話を戻しますね。

有料(千円)のため、中身をそのまんま書くわけにはいきませんが、お話の骨子とワタシの感想を書きたいと思います。

<セミナー内容(開催案内より)>
● なぜ日本だけに投資していてはダメか、海外投資の必要性とメリット。
● 本当に正しい資産運用法の実践法-やり方によって人生の分岐点にも。
● 証券会社や銀行がいう通りにしては、必ず失敗する。
● よい金融商品とはどういうものか。
● お金の相談を安心してできるところはどこか。
● NISAの賢い活用法
● 証券税率アップにどう対応するかなど・・・・

<印象に残った点(ランダムです)>

・日本株の時価総額シェアは7%程度。そんな日本に対する投資比率が大きいのは注意したい。海外に対する投資の割合を高く確保しよう。
各国への分散効果は、国別のリスクをトータルで抑制することができる。

・リスク耐性は、気持ちや忍耐力の要素が大きい。とにかく投資を続けること。めげない。

・自動引き落としの積立によって、投資が続くように仕向けること。

・コストは低いに越したことはない。1%のリターンを得るには時間がかかるが1%のコストがかかるのは一瞬。

・1株あたりの利益確保の努力や配当金還元といった株主利益についての考え方が日米企業で雲泥の差がある。

・外国株投資の為替リスクは意外と小さい。
(1993年1月から2012年12月のNYダウと円建てNYダウのサンプリングだったが、ワタシには難しかった。)

・NISAは制度上の不備や不明点はあるものの、英国ISAのように制度開始後の改善した例もあり、NISAも利用しよう。積立で、無理のないレベルで。

・投資助言。信用を得て契約し、成果が出るまで数年かかるもの。こうした毎月開催のセミナーやメルマガで顧客獲得していくのも大変そうです。


<主催・講師>
尾藤 峰男さん びとうファイナンシャルサービス代表取締役
略歴 http://www.bfsc.jp/chief/

尾藤さんによるメルマガも、大変参考になります。誰でも申し込めます。
http://www.bfsc.jp/mailmagazine/

受講者7名(女性3名)とコンパクトなセミナーだったのは、ひふみ投信の最初の頃を思い出しました。

リスク計算は、勉強してみようと思います。(って毎回思うんだけど。。)

0 件のコメント:

コメントを投稿

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。