広告

2013年10月9日水曜日

NISAについて

NISA。みなさんは、どうされますか?

詳細が明らかになってから、とか実際始まって様子を見てから、とかいろいろ考えました。

が、英国ISAのように、「制度の利用が多かったので恒久化した」、という動きに繋がればいいなと思って口座開設を決めました。

ネット証券各社、メインバンクの三菱東京UFJ、直販投信各社から申込書類をいただきましたが、取扱商品が一本の直販投信以外は、NISA対象の商品って、現時点で発表されてるんですかね?

申込書類が送られてきた時点で、NISA対象の商品を示してくれていたカブドットコム証券にしました。

<カブドットコム証券のサイトでのNISA対象の商品の参照方法>

  1. ログイン
  2. 画面左下の「最新情報」の【NISA】資料受付中〜2つの特典〜をクリック
  3. 画面中段グレーの表「NISA(少額投資非課税制度)概要」の「非課税対象」欄の「公募株式投資信託の投資の売却益・配当金等」の「公募株式投資信託」をクリック
  4. 421件の投資信託が一覧表示される

配当金の免税狙いで国内外のETFも考えましたが、ノーロードの投信をチビチビ定額積立でいく地道な方法がワタシにとって精神衛生上、良い方法なので、投信でいこうと。

サイトで積立を設定する機能は、いつも使ってる機能をNISAでも使えるのか定かではありませんが、純金積立みたく毎日積立てる設定が可能なカブドットコム証券の機能が使えればと思い、証券会社を決定しました。

NISA用の新商品も登場するようですが、NISAだからといって特別なポートフォリオにするつもりはないので、通常販売されてるファンドにする予定です。

自分でポートフォリオ構築してリバランスで売買しちゃうとNISA枠の再利用が効かないので、バランスファンドでいくと。

いつも利用してる世界経済インデックスファンドか、REITも加えたeMAXISの8資産均等ファンドでいきます。

まぁこれからいろんなことが少しずつ明らかになっていくと思いますが、何か致命的な不都合でもあれば利用しなければいいだけのことで。

とりあえず口座開設を申し込んであります。

0 件のコメント:

コメントを投稿

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。