広告

2013年10月30日水曜日

ネット証券専用ファンド アジア新興国株式インデックスを勝手に応援しています。


ネット証券専用ファンド アジア新興国株式インデックスを勝手に応援しています。

2011年に始まったネット証券四社による資産倍増プロジェクト。

もう、他のブロガーの皆さんは、Out of 眼中(表現が古い)状態ですが、ワタシは応援しています。

同業他社が手を携えるって大変だと思うんですが、何はともあれ、やってみた勇気というか意気込みを買いたいと思っています。

とはいえ、資産倍増プロジェクトのサイトでは、両国で開催されたフォーラムのバナーもいつの間にか撤去され、今年度はやらないのか?みたいな雰囲気マンマンです。

年明けのNISA開始と、確定拠出年金の枠拡大に、「貯蓄から投資へ」というスローガンの主役を奪われつつあるのが現状です。
(ってか、元々、主役になれてないというツッコミがありますが。。。)

というわけで、ワタシは懲りずに、ネット証券専用ファンド アジア新興国株式インデックスを積み立てています。

カンタンにウォッチしてみます。
出典;モーニングスター

2011年11月設定のこのファンド。淡々と右肩上がりになっています。

中国・韓国・台湾・インド・マレーシア・インドネシア・タイ・フィリピンの8カ国ですが、これらの国々、このまま何とか経済成長を続けて欲しいと思います。

とはいえ、米国の金融緩和縮小なんかあると一気に資金が新興国から引き上げになりそうですが。

NISAで買う勇気はないですね。もっと全然ロングスパンで考えたいと思います。

ワタシが勝手に思ってるのは、組み入れ国のうち、韓国とか台湾が卒業して、ミャンマーとかバングラデシュといったフロンティア国がこのMSCI指数に組入になってくるような日が来るようであれば、有望なのではないかということです。

資金の出入りについて見てみます。
出典;投信まとなび

う〜ん。マイナスではないが、極めて細いプラス。

換金で相殺になってるのか、資金の流入も流出も細くなってるのか。。。。

みんな。ロングスパンで、積立しようぜ!みたいな。。

こういうファンドを育成しようという機運が生まれてもいいような気がしますが、ニッチなんでしょうかね。

でもね。このファンドが出色なのは、インデックス投信でありながら、毎月運用報告を行ってることです。
これはとても勉強になるんです。続けて欲しいと思います。

これに懲りずに細々と積立を続けていこうと思います。

(何気で含み益が出てるんです。しかも結構な額。。)

ファンド・オブ・ザ・イヤーにこのファンドを投票したらワタシだってバレるな。どうしようかな〜。

企画の失敗を糾弾するより、企画を起こした勇気を称える寛容な日本であって欲しい。

0 件のコメント:

コメントを投稿

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。