広告

2013年7月5日金曜日

根性入れろ!アジア新興国株式インデックス!

先日のエントリで書きましたが、ネット証券専用 アジア新興国株式インデックスファンドを毎月(カブドットコム証券のワンコイン積立機能で毎日)積立しています。

このファンドは、中国・韓国・台湾・インド・マレーシア・インドネシア・タイ・フィリピンの8カ国からなるMSCIインデックスに連動させることを目指しています。

そんでもって、さっき見かけたニュース。

アジア新興国、国内要因による金融危機の危険性
「ノムラが高リスク国・地域にグループ分けしたのは、中国、香港、インド、インドネシア。マレーシア、韓国、シンガポールなどが中程度のリスク国とされた。」
何ですと?!

すごいヒット率。

お〜、インデックス構成国のうち、大丈夫そうなのは、台湾、タイ、フィリピンの3カ国だけかよ?(汗)

しかしっ!!

これは、毎日積立をしたまま、突入します!

この程度でビビってては、新興国やフロンティアに投資していられません。

20年、30年先の自分のことを考えて資産形成に取り組んでおるのです。

そんな長い間、何に投資したって、バブルもあれば、危機、破綻もあります。

何があっても突き進む胆力が求められます。

しかし、ドルコスト平均法でいえば、格安で買える時期が来るのがわかってるわけですから。

金投資の第一人者。豊島逸夫さんがセミナーでつぶやいた金言。

「どんなに下がっても書い続けること」

根性入れろ!>自分

上記の国々が、年内に金融危機を迎えるようであれば、NISAで積立する銘柄は、アジア新興国株式インデックスが自分の大本命になると考えています。


0 件のコメント:

コメントを投稿

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。