広告

2013年4月11日木曜日

いつも示唆に富む投稿 永田さん、ありがとう。

Facebookでのグループ クラブ・インベストライフは、非常に勉強になる書き込みが多いグループです。

とても紳士的な緩い大人の管理がなされていて、自由に、お互いにリスペクトを持って、品の良い情報交換や討論が行われていて、勉強になります。

特筆すべきは、プロのファイナンシャルアドバイザーの高名な方でも、ワタシのような素人でも同じように扱ってくれて、発言に自由度があり、また恥ずかしい初歩的な質問にも真面目にみんなで考えてくれます。

そのクラブ・インベストライフで、ムードメーカー的存在でもあり、また書き込み常連で、示唆に富んだ書き込みを繰り広げてくださるのが、永田潔さんです。

リンク
クラブ・インベストライフ(Club Investlife) 永田 潔 さんの投稿

このスレでの永田さんの珠玉の明言を下記に黄色くして紹介させていただきます。

「投資家感覚とは・・・例え、資産­全部が預貯金であったとしても、­なぜ預貯金に置いておくのかとい­うその人なりの理由が存在すると­いうことです。」


全くその通りだと思います。

惰性で置いておくのではなく、ちゃんとした理由を持つことは必要。

元本保証でパッとした商品がないから、とか消去法なものではなく、確固たる信念が必要だと思います。

その信念の強さが、不測の事態になった時の自分を精神的に支えてくれると思います。

(信念だけでは経済的には救われないかもしれないけれど、精神的に支えられるだけでも救われる気持ちになれるのかなと。)

預貯金­や投資で資産を増やすことより、­もっと大事ことは、できるだけ早い段階でこ­の投資家感覚を身につけることだ­と考えています。


例えば数千円から購入できる投資­信託などをコツコツ積み立てる。

実は、ここからが大切なポイント­なのですが、基準価額が下がった­ら1万円程度のスポット購入をし­てみる。それを何回か繰り返すう­ちに小さい失敗を繰り返すはずで­す。
失敗というより成功するためのス­テップなのですが・・・。

セミナーに何回参加しても投資本­を何冊読んでも、この投資家感覚­というか投資家思考は一歩を踏み­出して体験してみない限りほとん­ど身につきません。

以上の理由から彼はこれから小さ­い失敗を繰り返しながらも最終的­には成功すると確信できるのです­。


実際、積み立ててみる。世界経済の動きを体感できる。

スポット買いで、相場に波乗りしてみる。小さくコケる。難しさを痛感。

ということでしょうね。

特に、この方法は、新聞とかに載ってる「運用成績ベスト10投信」みたいなファンドでやってみるといいと思います。

紹介された騰落率は既に過去の話なので、その騰落率を丸ごと味わえるようには買えない。売れない。ということですね。

そんなにうまいタイミングで売買できないものなんだ、という分相応を理解するのは、やってみないと体得できないということですよね。

永田さん、いつもありがとう。

これからも、ニヤリとするユーモアある書き込みや、鋭い示唆など、楽しみにしています。

今後ともよろしくお願いします。

2 件のコメント:

  1. お誉めいただき恐縮です。永田



    返信削除
    返信
    1. 永田さん。来ていただいたんですね。ありがとうございます。
      やっぱり豊富な投資経験と、人生経験の厚みというか、永田さんならではの深潭なコメントが光ります。しかもユーモアのあるやつ。
      インベストライフは、以前の、ドイツの空港にバイオリンを留め置かれた書類不備の瑕疵のあるバイオリニストを、インベストライフを私用に使って擁護しようとする門馬(門田?)氏と大喧嘩になって、インベストライフを退会してしまいました。でも、永田さんがブログを見ててくださるので充分です。今後ともよろしくお願いします。

      削除

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。