広告

2013年4月6日土曜日

第1回k2k2投信ブロガーズカップ経過 2nd. Month Week 1

4月。あっという間に一週間過ぎました。


ワタシも密やかに勝手に参戦しています。

出典;モーニングスター ポートフォリオ機能

今月の評価額合計は、¥104,589-

日銀の「異次元の」大規模金融緩和で、ドーンとハネ上がった昨日の相場の影響でしょうか?

リバランスしたばかりなのに、再び、J-REITが突出しています。
出典;rennyの備忘録 http://renny.jugem.jp/?eid=2931#sequel

ワタシは世界経済インデックスファンドをコアに据えましたので、だいたい中盤から少し下の順位で安定しています。

実際のポートフォリオの超縮小版で臨んでますので、インデックス投資家らしくて良い感じの順位に付けることができてます。

今回は、投資額9106円でありながら、獅子奮迅の働きを見せてくれてるSMT J-REITインデックスファンドにスポットを当ててみます。
出典;モーニングスター ポートフォリオ機能

これは、東証J-REIT指数に連動するインデックスファンドなのですが、標準偏差が非常に高い値になっていて変動の激しい資産クラスということがわかります。

株や債券などと違って、市場規模は小さいので、インデックスファンドといってもREIT指数自体のブレ幅が大きすぎるんでしょうね。

インフレに強いと言われるREIT。

でも、変動幅も大きいので、イケてる時の評価益は頼りになりますが、萎む時は思いっきり萎むと。

今は、ちょっとバブル気味なんでしょうかね。

遊びだから、ポートフォリオをREITだけにして勝負をかけるのも面白そうですが、REITへの資産配分を10%にとどめ、リスクを抑えたスマートな運用ができるかな、とこのゲームには期待しています。


0 件のコメント:

コメントを投稿

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。