広告

2013年3月13日水曜日

おおらかに、タップリ時間をかけてお金を委ねたい


日経電子版(有料会員のみ)
人気投信「申し込み停止」が映す新興株のジレンマ

とゆう記事を見ました。

「中長期の成長が見込める銘柄に投資するという哲学を守ろうとすれば、今の市場環境では運用規模は100億円程度が上限になる」

「短期的な値幅取りを狙う逃げ足の速いマネーの流入で、長期資金の担い手である投信マネーが入りにくくなっている構図だ。」

だそうで。

相場が好調なのに、投信運用が八方塞がりになってるかのような、みんな望んだ株高なのに、それが裏目に出てるみたいで、何だか本末転倒な気がします。

一方、ワタシが、ひふみ投信鎌倉投信を利用しているのは、運用規模がまだ小さくて、運用者が「買いたくない」銘柄や値段で買付せざるを得なかったり、「売りたくない」銘柄や値段で売却せざるを得なかったり。。。という理不尽が少なくて、買いたいように買って、売りたいように売っているように見えるから。

確かに、ひふみ投信も鎌倉投信も、今のようなアゲアゲ相場は得意ではなさそうです。

ひふみ投信も鎌倉投信も市場が冷え切ってる時にキラリと光る運用をやってのける。

市場全体が上がってる時は、インデックスに劣後する。

ひふみ投信も鎌倉投信も頼りになるのは逆境の時。存在が光るのは市場が冷え切った時です。

市場全体がいい時は別にアクティブファンドなんぞに頼らずとも、インデックスファンドが機能してくれるのでいいんですから。

アクティブファンドは、規模が大きくなったり、資金の出入りが大きくなって急になって、、となったらいくら辣腕の運用者でも成績を残せないのではないでしょうか?

ひふみ投信も、鎌倉投信も、市場が加熱して割高だと思えばムリして買わずにキャッシュのまま持っていられる商品設計なので、結構冷静に対応できると思うんです。

でももしかしたら、アクティブファンドの限界の大きさってあるような気がします。
募集の限度額が設定されていますが、実際のキャパシティはもっと限界が低いのではないかと。

あんまり大きくなってインデックスファンドのように指数と連動して、アクティブファンドとしての高額な信託報酬分、指数に劣る、という大規模ファンドがありますからね。

その点、インデックスは気楽ですね。

市場並みを目標とするだけですからね。

いずれにせよ、短期で資金を動かして、勝ち逃げするような資金の動きは迷惑で、市場が荒れるし、ファンドも育たない。

おおらかに、時間をたっぷりかけて委ねるようにお金を託したい。

セコセコ目先のことに一喜一憂しない度量があってもいいんじゃあないでしょうか?健全に。


0 件のコメント:

コメントを投稿

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。