広告

2013年3月15日金曜日

がんばれ!ネット証券専用ファンドたち


ネット証券4社(SBI証券・楽天証券・マネックス証券・カブドットコム証券)の資産倍増プロジェクト

「窓口販売の証券会社から顧客を奪うことしか考えてない。ただの足の引っ張り合いだ。」

「投資や資産形成の啓蒙活動を通じて投資家の裾野を広げようという気概が見えない」

とか、投信ブロガーの皆さんからケチョン、ケチョンに糾弾されまくった挙句、もう話題にさえしてもらえない(ように見える)ネット証券4社の資産倍増プロジェクトですが、ワタシは密かに応援しています。

というか資産倍増プロジェクトのオリジナル商品、ネット証券専用ファンドのうちの1つのファンドを毎月積み立てています。
(決して同情じゃあなくて、普通に「これはいいな」と思って。)

過去のブログより ガンバレ!アジア新興国株式インデックス

セミプロ、いや、殆どプロと変わらない専門家の投信ブロガーの皆さんに対してワタシは、ブログネタの深さ・斬新さ・役に立つ度合いといった全ての面でかないませんので、投信ブロガーの皆さんの眼中にまったく無い無視されて捨てられた子犬のような(そこまで言うか?)かわいそうな資産倍増プロジェクトをネタにしてみようと思います。


<ネット証券専用ファンド (カテゴリーはモーニングスターによる)>
  1. 日本応援株F(日本株) 『愛称 : スマイル・ジャパン』 国内大型ブレンド
  2. 新興市場日本株レアル型           国内小型ブレンド
  3. 新興国中小型株ファンド            国際株式・エマージング・複数国
  4. アジア新興国株式              国際株式・エマージング・複数国
  5. AR国内バリュー株式F 『愛称 : サムライバリュー』  ヘッジファンド
  6. 野村 グローバル・ロング・ショート          ヘッジファンド

モーニングスター・ポートフォリオ機能より「ネット証券」で検索したファンド比較のビュー
(○で囲ったのはワタシが加工しました。)


揃いも揃って良好なリターンです。


ファンドの期間は、アジア新興国株式インデックスが無期限。
他のアクティブファンドたちは、6年間。

運用担当者の異動とか考慮してのものですかね。
でも、無期限と言っておきながら、運用担当者がコロコロ変わったりする無責任なファンドもありますから、逆に、期限を明言するのは誠実なのかも知れません。

アクティブファンドって、運用責任者が未来永劫ずっと関わってくれるわけではないので、きっと、無期限って言うのにムリがあるような気がするんです。

あと、アジア新興国株式インデックス以外は、信託報酬高いなぁ、、とワタシは思いますが、今現在の好況な運用状況からすると気にならない、ということでしょうか。

ヘッジファンドの、AR国内バリュー株式F 『愛称 : サムライバリュー』がイマイチな運用成績なのが目立ちます。
相場が低調な頃もイマイチだった気がしますが、デリバティブというのはなかなか難しいのでしょうかね?
ネット証券専用ファンドへの選定理由は、個人の少額でも本格的なヘッジファンドを買える、というものでしたが。

資産倍増プロジェクト。がんばって欲しいと思います。

ネット証券や運用会社が潤ってこそ、信託報酬値下げなどの恩恵がワタシたち投資家に還元されるわけであって。

投信ブロガーの方々も、ネット証券を利用してない方はおられないはずで。

また気づいたら何か書こうと思います。

(思いっきりほめてあげるつもりが、こんな記事になってしまいましたわん。。。)


0 件のコメント:

コメントを投稿

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。