広告

2013年3月3日日曜日

GOLD 守りの資産 不毛の資産

今月から純金積立を始めました。

金融緩和でキャッシュの価値が下がっていきそうな気がします。

年々生産は難航するばかりで、需要に対して供給に限界があって、GOLDの希少性は上がることはあっても下がることはないのではないかと思います。

でも金利が一切つかない金。

あくまで資産運用の脇役。

多くても、資産総額の10%程度というのが目安ということで。

私のGOLDの資産運用は、購買力の維持。

GOLDでは、ゲインを得ようとは思っていません。

ちなみに、どこの手数料がどう変わってくか分からないのと、倒産で別管理にすべき預かりGOLD資産が毀損した、、とか想定外のリスク回避のため、3社で積立します。
  1. KOYO証券 手数料安い。GOLD現物は運用する。
  2. エース交易 GOLD現物を保管しててくれる。
  3. 楽天証券  1万円以下の積立だと一番安い。投信と同じ口座で始められる。 
不安を生き抜く! 「金」読本 (日経ホームマガジン 日経マネー) [ムック] 豊島逸夫 (著), 日経マネー編集部 (編集)

世界一わかりやすい金投資の本当の話 (別冊宝島) (別冊宝島 1822 スタディー) [大型本] 別冊宝島編集部 (編さん)

0 件のコメント:

コメントを投稿

自由にコメントをお書きください。忌憚ない意見や感想をぜひ♪
さかなクンのように、「いっさん」で結構です。「様」とか「さん」とか要りません。
ワタシへの連絡もここにお書きください。
ただし、コモンズ投信株式会社の関係者については、記事削除の強要や、ワタシが事実を書いているのに事実無根という全く根拠の無い言いがかりや、名誉なんてないくせにいちいち名誉毀損と言い、いちいち弁護士による係争をチラつかせた脅迫コメントしか書かないため、コメント欄の使用を禁じます。